小学部の学校生活

ISSインターナショナルスクールは多様性に富んだ、あらゆる生徒を受け入れ、生き生きとした学習を行うコミュニティーです。真のインターナショナルスクールとして、多国籍の学校環境に世界中の子供たちと大人を受け入れています。

ISSインターナショナルスクールが提供するのは教室の中だけではありません。また課外活動(ECA)を通じて生徒は芸術、スポーツ、サイエンス、クリエイティブな分野における経験を広めることができるようになります。
また私たちは生徒が心身ともに健全でいられるよう、ケアを行うパストラルプログラムを提供しています。これはすべての生徒が自らの潜在能力を発揮するために必要な社会的、精神的なサポートを受けることができるようにするためのものです。各クラスは少人数に抑えられており、教師が一人一人の生徒に目を配ることができるようになります。幼稚園とグレード1では1クラス20人以下となっており、グレード2から5では最大24人までに抑えられています。

ISSインターナショナルスクールにおける教育方針は、生徒が自ら物事に取り組み社会的に責任感を持った人間となるために、それぞれの地域社会における責任を理解し、行動力を持ったグローバル市民となるよう指導しています。これは私たちが生徒の活動において特に重要であると指摘している内容です。ISSインターナショナルスクールの生徒は、自分たちが学んだことを行動に移し、自らの生活と他人の生活向上のために活用することを学びます。

私たちがより結びつきを強くし、コミュニティーを大切にするために、ISSインターナショナルスクールでは年間を通じて様々な行事が行われています。これはISSインターナショナルスクールが、生活の場と学ぶ場としてあらゆる点で特別な場所であることを、コミュニティー全体で大切にしていくためのものです。

小学部について

シンガポール中心部のオーチャード・ロード近くに位置するISSインターナショナルスクールは、生き生きとした国際的文化を備え、まさにシンガポールのそれを反映したものといえるでしょう。50か国以上から集まった多国籍の生徒たちは、世界各国からの経験豊富で熱心な教師たちの指導の下、多様性に富んだ充実した教育を受けています。
シンガポールの国際バカロレア(IB)の小学部プログラム(PYP)の学校としては最も長い歴史を持つ学校として、2002年の同プログラム認可以来、ISSインターナショナルスクールの学習における国際的な枠組みを提供してきました。
PYPはIBの4つのプログラムのうちの一つで、4歳から12歳までを対象としています。このプログラムは発達途中にある子供の成長に注目し、アカデミック分野におけるサポートのほか、心と精神の成長に対する影響、社会的、身体的、情緒面、文化的ニーズを取り上げます。PYPは世界中の最良の指導方法に基づいて行われ、関連性のある参加型の教育プログラムを提供しています。
小学部のクラスごとのブログを通じ、ISSインターナショナルスクールにおいて日々貴重な学習体験が行われていることがご覧いただけるでしょう。PYPについての詳細はIBウェブサイトご覧ください。詳細をお知りになりたい方は、小学部教育における学年別概要Programme of Inquiry、以下POI、 学習の成果と基準評価ガイドラインのページをご覧ください。
私たちの国際的な学習コミュニティーへ皆様とお子さまをお迎えできることを楽しみにしております。
「小学部の熱心で思いやりのある教師たちは、創造性と自己発想、学ぶことの喜びを知る教育環境を作っています。」

 

IBプライマリー・イヤー・プログラム(IB PYP)

PYPはISSインターナショナルスクールの小学部過程における学習の枠組みとなるものです。PYPのアプローチは異なる学問分野をまたぐもので、個々の分野を全体として一貫性のあるものとしてとらえる一方、各分野の要素を維持するというものです。Kからグレード12までの各分野における評価およびベンチマークを見るにはここをクリックしてください。この評価とベンチマークから、ISSインターナショナルスクールのアカデミックプログラム全体を通じ継続して行われていることが分かります。
PYP哲学の中心は、学習における理想的な手段は探求心を持つことである、というものです。教師と生徒は、探求と学習のためのカリキュラム単位として作成された基本的なやりとりを通じて理解を深めていきます。
各単位を通して生徒は以下の内容を学びます:

  • 重要な概念について深く理解する
  • ローカル、グローバルの両方に顕著にみられる知識について探求する
  • 幅広い基本的なスキルの獲得と習得
  • 学習、環境、周りの人々に対するポジティブな態度の育成
  • 責任感のある行動と社会的奉仕活動に参加する機会を持つ

pyp

T探求に関するプログラム(Programme of Inquiry、以下POI)はすべての探求についての単位の大枠となるもので、各学年で年間を通じて行われる内容です。探求に関する単位は各学年によって異なり、専門分野の教師の下で統合されます。ISSインターナショナルスクールのPOIを見るにはここをクリックしてください。
幼稚園1年生と2年生(K1およびK2)は4歳から6歳までが対象で、特に幼児教育と呼ばれています。

ISSインターナショナルスクールにおける幼児教育は、IBのPYPカリキュラムの枠組みに沿ったもので、最新の研究とベストプラクティスを踏まえて作られたものです。アカデミックの分野と発達分野におけるニーズに応えるため、子供たちの探求心を原点としたプログラムが作成されています。幼児教育の詳細については、ここからご覧いただけます。
カリキュラム全体を通じ、生徒の成長についてポートフォリオとして書面化されており、生徒の成績と達成につちえ記されています。生徒と教師が共同でポートフォリオ作成のための選択を行い、PYPを提供する学校間での書類交換も可能となります。ISSインターナショナルスクールのPYPにおける最終学年であるグレード5は、PYP展示会に参加します。教師の指導の下、小グループに分かれて探求課題が与えられ、これまで学んだことを合わせ、適用させたうえで、意味のある形で表現することが求められます。

ISSインターナショナルスクールは2002年からIB PYPが認可されています。

情報が必要な場合は、お気軽にお問い合わせフォームにご記入ください。