中学部の学校生活

中学に入学する生徒たちは身体的にも精神的にも、社会的にも成長する時期を迎えています。学力的な成功を修めるには、これらの各分野におけるサポートが必要です。そのためパストラルケア・プログラムと課外活動が重要な役割を果たし、グレード6の子供から、グレード8の若者へと変化していくのです。

私たちの中学部では、小学部で培われてきた真の国際的で多文化なファミリー的な雰囲気を受け継ぎ、それを発展させていきます。少人数制のクラスのため、生徒と保護者をよく知ることが可能となり、個別に必要なサポートを提供することができるようになります。当校の規則では1クラスあたり24人までとなっています。

中学部では、人生における移行期にある生徒に対し、身体的、精神的、学力的にも成長する機会を提供します。これは通常、思春期にある生徒たちがこれまでとは別のサポートを必要とし、ある生徒たちにとっては難しい時期ともいえます。そうした点を踏まえ、私たちの経験豊かでかつエネルギッシュな学校は、全体教育にとって重要な要素として、生徒が自信と責任感、敬意を持って、多文化への理解を深められるよう、最大限の努力を行っています。

中学部について

私たちの中学部では、小学部で培われてきた真の国際的で多文化なファミリー的な雰囲気を受け継ぎ、それを発展させていきます。少人数制のクラスのため、生徒と保護者をよく知ることが可能となり、必要に応じてより個別のサポートを提供することができるようになります。

校舎は小学部から近いパターソン・ロードに位置しています。この2つの校舎は図書館と食堂、更衣室、駐車場、小さな校庭を共有しています。運動の授業は校舎外の専門スポーツ施設で行われ、生徒はPE授業の際に場所を移動します。
中学部では、人生における移行期にある生徒に対し、身体的、精神的、学力的にも成長する機会を提供します。これは通常、思春期にある生徒たちがこれまでとは別のサポートを必要とし、ある生徒たちにとっては難しい時期ともいえます。そうした点を踏まえ、私たちの経験豊かでかつエネルギッシュな学校は、全体教育にとって重要な要素として、生徒が自信と責任感、敬意を持って多文化への理解を深められるよう、最大限の努力を行っています。これをさらに発展させるため、私たちは国際バカロレア(IB)学習者プロフィールの価値観を通じて、人間的かつ社会的な発達の理解を促進しています。当校のパストラルケアおよび課外活動(ECA)は、生徒たちが大人に向けた成長期を円滑に過ごすことができるよう、重要な役割を果たしています。

5年間にわたるIBミドルイヤー・プログラム(IB MYP)によるカリキュラムは、グレード6から始まり、グレード10まで続きます。

入学許可は英語テストの結果によるもので、英語を母国語としない生徒のための英語補習(ESL)では全ての科目において追加的なサポートを受けることができます。特別の教育サポートを必要とする生徒に対しては可能な限り、学習方法を提供します。

IBミドル・イヤー・プログラム(IB MYP)

ISSインターナショナルスクールのグレード6から10までの生徒はIB MYPのプログラムを学習の基盤として進めていきます。IB MYPプログラムはグレード6から始まり、グレード10までのいずれかの時点でISSに入学した生徒は、グレード10を完全に終了した生徒であれば全て、正式なIB MYP証書を受領する資格があり、IBからMYP終了証書を受け取ることができます。IB MYPはグレード10の最後にe-ポートフォリオとe-アセスメントの両方の結果を合わせたうえで評価されます。この評価はIB組織によって行われます。

詳細をお知りになりたい方は、当校の学習の成果と基準評価ガイドラインのページをご覧ください

IB MYPの構成図

MYPは11歳から16歳までの生徒の教育ニーズを満たすことを目的としています。幅広い、伝統的な基礎学力を身に着けることでより創造的かつクリティカル思考、リフレクティブ思考を備えた生徒の育成へとつなげます。MYPは知的問題への挑戦、伝統的な科目と現実の世界との関連付けについて、深く考えることを指導していきます。多文化の理解において、コミュニケーションスキルとグローバル参加が現代社会においては必須要素として見られており、MYPの哲学の基本となっています。MYPはまた学習を全体的な視点からとらえることを重視しています。ここでは教えることと学ぶことのアプローチが必要で、伝統的な学校科目が必要な場合とそうでない場合があります。これは小学部のIBプライマリー・イヤー・プログラムにおいて培われた知識とスキル、行動のうえに成り立つもので、グレード11と12のIBディプロマ・プログラムの学業面での挑戦に向けて生徒を育成していく内容となっています。

MYPカリキュラム

IB MYPカリキュラム:

  • 生徒がトータルとして知的、社会的、精神的、身体的に健全であること
  • 将来複雑な状況を把握し、また責任ある行動をとることができるようになるための知識、行動、スキルを発達させるための機会の提供
  • 8つの科目グループの学習を通じて、より幅広い、奥の深い理解力を発達させる
  • 最低2か国語(基本言語に加え、選択言語)の習得。生徒自らの文化と、それ以外の文化の理解に向けたサポート
  • 生徒が自主的にコミュニティー奉仕活動に参加するよう促す
  • 進学、就職への準備と、生涯にわたり学び続ける姿勢
  • MYP教師は適切な視点を持ってカリキュラムの作成に当たる
  • 関連性を踏まえたうえで教えることと学ぶこと。IBでは、生徒が最もよく学ぶのは、学習体験に関連性があり、各自の生活と彼らの経験した世界に関わる内容の時であると理解しています。グローバルな意味においては、MYPの生徒は人間のアイデンティティ、グローバル課題について、また国際的な考え方における意味合いについて探求していきます。
  • 概念的理解。概念とは特定分野と科目全体において関連性を持った大きなアイデアのことです。MYPの生徒は概念を手段として、個別、ローカル、グローバルに顕著な問題やアイデアについて探求し、知識全体を見直していきます。
科目グループ 現在の取得可能なコース
言語および文学(第一言語) 英語、日本語(グレード9、10)、韓国語(グレード9、10)、母国語言語
言語取得(第二言語 英語、フランス語、中国語
個人と社会 人文学科目
数学 数学
サイエンス サイエンス
アート ビジュアルアート、音楽、ドラマ
デザイン デザイン
保健体育教育 保健体育教育

ibmyp

IB MYP

ISSインターナショナルスクールは2003年6月よりIB MYP認可とされています。IBミドル・イヤー・プログラムの詳細についてご覧いただけます。ISSインターナショナルスクールのIBミドル・イヤ・プログラムについてさらに詳しくお知りになりたい方は、Mr. Michael Taylor (中学部校長, 6学年-8学年MYPコーディネーター)までメールにてお問合せ下さい / Mr. Christopher Hayward (高校教頭, 9学年-10学年MYPコーディネーター,数学教師 コーディネーター)までメールにてお問合せ下さい 。

情報が必要な場合は、お気軽にお問い合わせフォームにご記入ください。