パストラルケア

中学部&高等部

生徒にとって社会的、身体的、精神的に幸せであることは彼らの成長と発達において不可欠なものです。中学部ではこれらの視点を丁寧に育てていきます。
彼らは自らについて学ぶことと、コミュニティーにおける責任について、以下の主要分野のプログラムと組織立った様々な活動を通じて学んでいきます。

コミュニティーに対する積極的な貢献

思春期にある生徒たちにとって、どのように積極的にコミュニティーに参加するか、その活動に積極的に関わることの価値について学びます。協力して物事を行うこと、新しい課題への挑戦と、周囲の環境とコミュニティーにポジティブな影響を与える活動を率先して行う方法などについて学びます。多様性の価値についてゲームやアクティビティ、発見などを通じて探求していくほか、教室内とグラウンドを健康的で安全かつアクティブなスペースとして使うことができるための戦略を作成、それに貢献していきます。

健康、安全、活動的であること

健康的なライフスタイルは若者たちの精神と身体上多くの点でメリットをもたらします。生徒たちはバランスのとれた栄養の選択、定期的な運動のメリットについて理解を深めます。幸福と定期的な運動がどうかかわるのか、アクティビティや目標の設定、健康でいられるためのモチベーションの維持を通じて学んでいきます。健康を保つため楽しみながら学び、アクティブなライフスタイルを生涯を通じた経験としてとらえ、促進していきます。

コミュニケーションと相互理解

効果的なコミュニケーションとはライフスキルであり、中学部において積極的に発達していきます。グループにおける課題を理解したうえで話し合うこと、共通の目的に到達するために、個人の強さを知り、そこへ投資することについて学びます。こうした作業を通じ、相互信頼と他人に対する理解、思いやりの心に基づくコミュニケーションスキルが養われていきます。

個人のアイデンティティ

個人のアイデンティティを形成するうえで、自己認識と自尊心は不可欠の要素です。文化の違いによる外的な影響や身近な環境がポジティブにも、対立する要素としても働く可能性があります。そしてもしこの正しい対処方法が理解できなかった場合、誤解へとつながっていきます。生徒たちは友人や他の生徒を助け、関係を保つために感情的な認識を深めることを学びます。これにより、自らの幸福を高めるための自己達成感を発達させることへとつながります。